しっかりとした投資は、あなたの未来にも影響します。そこで大切なのが投資顧問の選び方であり、世間の情勢にもきちんと目を向けて情報収集していくこと。当サイトでは業界に纏わる情報をスピーディーに配信していきます。

大和住銀投信投資顧問の業務内容について

大和住銀投信投資顧問は、1973年に設立した大和投資顧問、住友銀行グループが、1985年設立の住銀投資顧問、1993年設立のエス・ビー・アイ・エム投信と1999年4月に合併したことで始まった会社です。
この会社では、国内外の顧客の資産運用を行っています。
トップ・イン・クオリティという経営理念方針を持っており、高度な資産運用能力の向上、倫理観の構築、優秀な人材の育成、効率のよい会社作りに努めています。
大和住銀投信投資顧問は、現在投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業の3つの分野で事業活動を展開しています。
その中で、主要な業務となっているのが、投資運用に関してです。
投資一任業務として、顧客から株式、債券といった金融商品に関する投資をどうするかの判断のすべて、あるいはその一部と、売買や発注に必要な権限を委任されています。
金融商品取引業者と顧客が投資一任契約を結びますが、これは、年金基金などの規模の大きな投資家の間で行われるのが一般的で、大和住銀投信投資顧問の契約残高は国内トップクラスです。
また、投資信託委託業では、複数の投資家から集めた資金を一つの大きな資金の信託財産としてまとめ、受託会社への指示で株式や債券などに投資し、これらの信託財産を運用しています。
運用して出た利益や損失は、信託財産における投資額の割合に応じて、投資家に還元される仕組みです。
大和住銀投信投資顧問には、個人向けの投資信託、機関投資家向けの私募投資信託、変額保険・変額年金向けの商品の運用を行っています。
大和住銀投信投資顧問は、ロンドン、ニューヨーク、香港、シンガポールに現地法人をおき、上海に駐在員事務所を設立しており、世界に通じたネットワークを展開しています。